スポンサーリンク

新着記事

整形外科/スポーツ関連

前十字靭帯再建術後のスポーツ復帰基準に片足垂直ジャンプが有用かもという話

前十字靭帯再建術後のスポーツ復帰基準として、ホップ距離は膝関節の機能を測るには不十分であり、片足垂直跳びのほうが有用なのではないかという報告が2022年2月のBJSMに出ました。この論文の内容についてまとめます。
整形外科/スポーツ関連

関節包や靭帯を介して筋が関節の安定化に関わるという考え方

『運動器臨床解剖学―チーム秋田の「メゾ解剖学」基本講座』を読みました!これは総論だけでも読む価値ありますね。マクロ解剖学に関しての見方が変わります。機能を考えるときには個々の筋や靭帯といった組織を単一で考えるのではなく、もっと包括的に全体をとらえる必要があると感じました
子どもの健康

将来的な不健康につながりかねない子どもの運動不足には多面的なアプローチが必要

世界的な分析によると、学校に通う青少年の80%が、WHOが推奨する1日60分の身体活動のガイドラインを満たしていないことが分かっています。子どもの運動に関与する環境的要素としては、学校やその他の教育環境、居住している都市の環境、家庭環境も含めた社会的な環境、インターネットやSNSなどデジタル環境がある。
フレイル

長生きに重要なのは、脂肪ではなく筋肉だ!Fat but powerful paradox(“太っているがパワフル”パラドックス)について

タイトル、脂肪より筋肉が長生きに大事なのは当たり前だろ!って感じですね。"太っていても健康で長生き"ということはここ数年の研究で報告されるようになっていて、私も高齢の方と話すときに太っていてもいいんですよ!って伝えるようにしてます。 ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました